2018年07月18日

おばあちゃんが100歳まで生きたら…?

母方の祖母の話です。

今日また母と叔母さんが
特養のおばあちゃんに
会いに行くそうです。

隣県に住んでいる叔母さんは
おばあちゃんに会いに行くのは
月に1回のペースでしたが、
最近は月に2回のペースで
会いに行くそうです。
(その時は母も同行)

そのことを昨日母から聞き、
叔母さんもいろんな思いが
あるんだろうなぁと。

実際月に2回にしたのは、

「後悔しないように…」

という理由だそうです。

スポンサードリンク

おばあちゃんは
特養に入居前、そして現在も
体はとても健康です。

規則正しい生活をしているので、
体重こそ重ためですが、
病気等はしていません。

「おばあちゃんが
100歳まで生きたら…
さすがに私はいないなぁ」

昨日母が呟いていました。

以前書いたかもしれませんが、
元々母は長生きしたくなくて
“60歳まで生きれば十分!”
という考えの人です。

在宅介護だった頃は、

「辛い思いをしたまま
人生が終わるなんて…」

と嘆いていました。
(当時50代後半)

60歳を目前にして
おばあちゃんが
特養に入居し、
今に至ります。

在宅介護時のような
過酷さはありませんが、
おばあちゃんが
生きている限るは
娘としての役割もあります。

母も叔母さんも今は
とても元気ですが、
若くはないので
この先何があるかは
わかりません。

それはおばあちゃんも
同じですが。

私自身も
“しっかりしなくちゃ!”
と改めて思いました。

↓こちらも参考になります↓

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


高齢者介護ランキングへ

posted by コスモス at 11:15| 要介護4のおばあちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク