インフルエンザでフロアーは面会禁止

父方の祖母の話です。

前回の記事
おばあちゃんの
インフルエンザ疑惑を
綴りましたが、
後日再検査をしたら
陽性反応が出ました。

院内感染…
ということでしょうか。

仕方のないことと同時に、
改めて感染力の強さに
恐怖を感じます。

今年度の流行は
凄まじいものですが、
幸い自分の家族は
今ところ皆無事です。

予防接種をしていても
感染する時はするし、
逆に予防接種をしていなくても
感染しない人も多くいます。

免疫力の違い?

それとも、もはや運?

スポンサードリンク

おばあちゃんが
インフルエンザの
陽性反応が出る1日前に
「(フロアーは)
面会禁止となります」
と施設から父宛に
連絡があったそうで、
父はしばらくおばあちゃんの
様子を見に行けていません。

母や叔母さんが
(母方の)おばあちゃんに
面会に行くと、
母はその都度私に
報告をしてくれるので、
頻繁に顔を出している
という印象が強いです。
(実際は月に1.2回?)

父からは
あまりそういう話は
聞かないのですが、
回数だけで言えば
実は母達よりも
多く訪ねているようです。

滞在時間こそ
短い時もあるそうですが。

施設に入居して以降
初めての面会禁止です。

おばあちゃんの様子は
電話で連絡がありますが、
やはり会えないとなると
心境も変わるのかな?

おばあちゃんが治っても
周囲の状況も関係するので、
面会禁止の解除が
いつのなるのか、
はっきりとはわかりません。

ただ、
中途半端な判断は
感染を広めるだけなので、
慎重な判断が必要だと思います。

↓こちらも参考になります↓

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


高齢者介護ランキングへ

スポンサードリンク
スポンサードリンク