またしても院内感染…“休む勇気”も必要

先日父方の祖母が
インフルエンザになり、
かつ施設内で数人が
インフルエンザを
発症したことを受け
しばらくの間
面会禁止となりましたが、
徐々に落ち着いてきて
その後終息したようなので
数日前に面会が
可能となりました。

おばあちゃんの症状は
そこまで悪くならず、
快方に向かったので
安心しました。

しかしその数日後、
今度は母方の
祖母がいる施設でも
院内感染の疑いが…。

おばあちゃんは微熱。

この先どうなるのか
不安でしたが、
幸いおばあちゃんは
今のところ感染していません。

ただ、
施設は面会禁止です。

ピークは越えたかもしれませんが、
まだまだ注意が必要な時期です。

施設にいるおばあちゃん達には
当てはまらないことになりますが、
やはり休む勇気
大事だと思います。

職場、学校、幼稚園、
その他人が集まる所に、
言い方は悪いかもしれませんが
中途半端な状態で出向くのは
やはり迷惑になります。

新薬も登場して
熱がすぐ下がっても、
休む期間はしっかり
休養しましょう。

それが難しい環境にいる人も
もしかしたらいるかも?

しかし、
感染が拡大してからでは
最悪手遅れになります。

引き続き自分も気を付けます。

↓こちらも参考になります↓

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


高齢者介護ランキングへ

スポンサードリンク
スポンサードリンク