看護師さんの対応は、認知症の介護に通じるものがある

父方の祖母の話です。 おばあちゃんは一昨日から また点滴をしているそうです。 点滴をとらないように ミトンをしているのですが、 それでまた喚いていると…。 父は連日病院に泊まっていましたが、 昨日の午後おばあちゃんは 個室から大部屋へと移動しました。 個室の時は部屋にトイレもあり、 父は仕事用のパソコンも手元にあり、 消灯後もそこまで 不便ではなかったそう…

続きを読む

認知症が進んで、お金の管理ができなくなった

当たり前かもしれませんが、 認知症を発症する前、 おばあちゃん達は 自分でお金の管理を していました。 母方の祖母の場合は、 おじいちゃん(=夫)が 亡くなる前も、 全ておばあちゃんが管理。 お金にうるさいイメージは あまりないおじいちゃんでしたが、 細かい性格ではあったので、 それ故(?)おばあちゃんは 家計簿もつけていました。 父方の祖母はおそらく …

続きを読む

小さな?幸せを見つけたかもしれない

認知症になり、 おばあちゃん達は 様々なものを 失ってしまったのか? やはり失うものも 多いと思います。 父方の祖母に関しては、 認知症+αでもあります。 でも、母が言ってました。 「(父方の)おばあちゃん、 ある意味幸せかもね、 毎日お父さんが付き添って…」 CCUから一般病棟に移って以降、 父は毎晩おばあちゃんの個室に 泊まっているとのことです…

続きを読む