デイサービスの施設選びはとても重要である

おばあちゃんと私達家族の
同居生活が始まるのと同時に、
おばあちゃんは
デイサービスに
通い始めました。

最初は週に1回、その後2回、
3回…最終的には
平日は毎日行っていました。
(+時々、週末はショートステイ)

最初デイサービスの
話が出た時には、

「何で私がそんな所に
行かなきゃいけないの?!」

おばあちゃんはそう言いました。

担当のケアマネさんが、

「お友達もできますし、
お話もたくさんできますよ」

と優しく説明してくれましたが、
その時はおそらくあまり
納得していなかったと思います。

しかし、
いくら同居とは言え、
誰か家族(基本的に母)が
おばあちゃんを24時間
見守れるわけでもないし、
良い意味で刺激にもなる、
そしてまだ軽度とは言え、
家族の介護の負担が少し減る、
そういうこともあり、
おばあちゃんはデイサービスに
通うことになりました。

スポンサードリンク

いくつかの施設を見学して、
わりと自宅から近い所に
お世話になることになりました。

でも、おばあちゃんは本当は
他の所が良かったみたいです。

「あそこの方がご飯が良かった」

食べることが大好きな
おばあちゃんにとっては
とても大事なことですが、
その施設を見学した際、

「ここは段差が多い」

「トイレが古い」

「全体的に安全面が不安…」

母がそう感じた為、
そこはやめました。

おばあちゃんの意見も
もちろん大事だけど、
母の意見も大事なことだし、
おばあちゃんの為にも
なることだと思いました。

通い出してしばらくは、
やはり乗り気じゃなかった
おばあちゃんでしたが、
しばらく通っているうちに、
話し相手もできたようで、
それなりに楽しく
通っている…?
ように見えました。

レクリエーションなどもあり、
通いはじめた頃は
いろいろ参加していて、
貰った景品(折り紙など)を
嬉しそうに見せてくれたり、
綺麗なぬりえを見せてくれたり。

「やっぱり通いはじめてよかった!」

家族の皆、そして叔母さん達も
そう感じていたと思います。

しかし、デイサービスに
通っていても時の流れと共に
おばあちゃんの認知症は
どんどん進行していきます。

↓こちらも参考になります↓

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


高齢者介護ランキングへ

スポンサードリンク