おばあちゃんは亡くなった同居人の息子さん達のことを鮮明に覚えている!

父方の祖母の話です。

おばあちゃんには
以前同居人がいましたが、
ある時突然亡くなってしまいました。
(随分前に記事にしています)

実はその方のお骨が
おばあちゃんの家にあります。

でも、
おばあちゃんはもうずっと
ショートステイ先の施設にいるので、
今はもう家には誰もいません。

“おばあちゃんに万一のことがあったら、
お骨はいったいどうなるのか…?”
ということを母が気にしていました。

スポンサードリンク

亡くなったおじさんには
前妻との間に2人の息子さんがいますが、
その息子さん達が“おばあちゃんに会いたい”
とのことで、昨日父と3人で施設に
行ってきたそうです。

「もうあなた達のことはわからないかも…?」

父はそう伝えていて、
お二方もそれを了承して
会いに行ったわけですが…

「あら!〇〇君と〇〇君!」

何とおばあちゃんはしっかりと
名前まで覚えていたそうです!

これには父もちょっとビックリ。

以前もそう頻繁に
会っていたわけでは
ないと思いますが、
やっぱりいつまでも
忘れないこともあるんだなぁと。

施設を後にして、
その後3人でおばあちゃんの家に行き、
お骨を引き取ってもらったそうです。

「(散らかってて)すごい部屋ですね…」

と息子さんが驚いたそうです。
(※悪い意味で。)

これで母の心配事も1つ解決。



今朝の近畿地方の地震、
被害の程が心配です。

まだしばらくは大きな揺れが
発生する可能性も高いようなので、
十分に注意しましょう。

↓こちらも参考になります↓

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


高齢者介護ランキングへ

スポンサードリンク