叔母さんが介護施設で働き始めました。

以前もかきましたが、
叔母さん(母の妹)は
介護福祉士の資格を
取得しました。

そして今週から
介護施設で働き始めました。

その介護施設というのが
実はおばあちゃんが
お世話になっていた所。

※叔母さんは隣県在住で、
おばあちゃん
特養に入居する前は
母と叔母さんの家を
行き来していました。

叔母さんの家にいる時は
この施設を利用していました。


スポンサードリンク

資格を取得することは
もちろんですが、
介護を仕事にすることは
本当に立派だと思います。

母と比べたら
随分差があるとは言え、
叔母さん自身も
在宅介護の経験者です。

母経由で愚痴や不満等も
多々聞いていました。

もしかしたら
自分の親と赤の他人を
介護するのとでは心情が
異なるかもしれませんが、
やはり覚悟というか、
そういうものが必要かと。

体力や気力も必要です。

おばあちゃんが
お世話になった施設で
働くなんて縁だなぁと
思ったのですが…
実際は人手不足で
深刻な状況のようです。

もちろん誰でも働ける
という訳ではありませんが、
職務内容によっては
無資格でも可能で
採用されやすい
環境かもしれません。

それでも人手不足…
現実はなかなか厳しいです。

叔母さんには本当に
頭が下がります。

↓こちらも参考になります↓

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


高齢者介護ランキングへ

スポンサードリンク