使わなくなった介護用オムツの秘めた可能性

先日実家に行きました。

現在私の部屋は
物置状態です…。

その中におばあちゃんが
使っていた介護用オムツも
結構な量あります。

特養に入って以降は
こちらで準備する
必要はなくなりました。

おばあちゃんは常にオムツを
着用していたわけではありませんが、
いつそうなるかわからない…
という心構えでしょうか、
本当に大量にあります。

母が買ったものもありますが、
母が知人から貰ったものも
あると聞きました。
(その方も親の介護をしていましたが、
亡くなったのでもう必要ないと。)

私はもう実家にいないので
物置状態でも良いのですが、
このオムツはどうするのでしょう?

スポンサードリンク

気にかけていたら母が

「災害時とかいざという時に
私達が使えるかも…」

と呟いていました。

確かにそうです。

今の状態で災害に備えて
今からわざわざ介護用オムツを
買う必要はないと思いますが、
最初からあるなら話は別です。

そんな理由で利用する日が
来ないことが1番良いのですが、
万が一の時には使えます。

なので処分はしません。

この話を聞いて
思い出したのですが、
私の子どもがオムツなので
オムツ専用のゴミ箱を
使っているのですが、
将来的に使わなくなるので、
“その時は
おばあちゃんのオムツを
捨てる用に使えるかも?”
と母と話していました。

どんなものも本来の
使い時があると思いますが、
それを越えた可能性も
十分あるなぁと思う
今日此の頃です。

↓こちらも参考になります↓

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


高齢者介護ランキングへ

スポンサードリンク