母が泣きながら電話をかけてきた

※この記事は
おばあちゃん達の
介護の話ではありません。


先日母から
電話があったのですが…
話してる途中で母が
突然泣き出しました。

びっくりしました。

母はネガティブで
考えすぎる傾向が強く、
それでもって思い込みが激しい
…と娘の私は思っています。

話を聞くと、
以前あったある出来事を
ずっと引きずっているようでした。

介護関連の話ではありません。



そして最近は
外出するのも億劫で、
買い物はほとんど父に
頼んでいる状況とのこと。

おばあちゃんが特養に入居して
ようやく自分の時間ができ、
外出したり習い事に通ったり
活き活きと過ごしていると
思っていたのですが…。

何でも電車に乗ると
気分が悪くなるような気がして、
外出するのが嫌だそうです。

パニック障害でしょうか。

実は私も学生時代に
似たような経験をしています。

電車に乗ると動機がしてきて
気分が悪くなってしまい、
よく駅のトイレで蹲っていました。

大人になった今でも
はっきりした原因は
よくわかりません。

学校が嫌だった訳でもありません。

ただ、
1度そういう経験すると
フラッシュバックのように
何度も怯えてしまう気持ちは
私もよくわかります。

実際私も何度も
気分が悪くなりました。

きっと母も同じ気持ち?

叔母さんにも
話してしるそうですが、
「習い事にも行けなくなったら
1度病院に行ったら?」
と言われたそうです。

それはそれで良いと思うのですが、
母は絶対に薬を服用しません!

特にそういう薬なら尚更!
(※本人も言っています!)

私は話を聞くことしか
できませんが…
「考えすぎるのは良くない!」
と伝えておきました。

私は自分の症状が
いつ何をきっかけに
落ち着いたのか
はっきりと覚えていません。
(※病院には行ってません)

体は本当に素直です。

風邪などを引かなくても
心に何かあれば
調子が悪くなります。

お母さん、焦らずゆっくり。

↓こちらも参考になります↓

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


高齢者介護ランキングへ