息子も孫もわからなくなったおばあちゃん

父方の祖母の話です。

先日短い時間ではありますが、
おばあちゃんに会いました。

本当に久しぶりです。

体調はとても良くて
終始にこにこしていました。

ですが、
やはり私のことはもう
覚えていませんでした。

「どなたですか?」

頭の中でわかっていても、
実際におばあちゃんから
こんなセリフを言われると
悲しくて仕方ありません。

そして孫の私だけでなく、
息子である私の父のことも
理解していませんでした。

帰り際一緒にお見送りしてくれた
施設の男性職員のことを
「こちらが息子です!」
と言っていました。

父は施設に頻繁に顔を出すので
慣れているかもしれませんが、
内心は複雑だと思います。

しかし
私に限って言えば、
やはり会えたこと自体に
大きな意味があると思ってます。

もしかしたら私のこともまた
思い出してくれるかも…?

おばあちゃん…!

また会いに行きたいです。

↓こちらも参考になります↓

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


高齢者介護ランキングへ