頭を強打して記憶を無くしたおばあちゃんでしたが…

今年初めての更新です。

実は昨日母と叔母さんと3人で
(母方の)おばあちゃんに
会いに行く予定でしたが、
子どもが風邪を引いてしまい、
私の訪問は延期となりました。

おばあちゃんの
健康問題が悪いとか
そういうことはないのですが、
「早めに会っておいた方がいい」
と母がよく言います。

確かにそうだと思います。



実は昨年の12月中旬に
おばあちゃんが
救急車で病院に運ばれる
出来事がありました。

職員の方の話によると、
ベッドから起き上がろうとして
職員の方が支えていた際に
おばあちゃんが後ろに転倒、
そしてベッドガードで
頭を強打した、という感じです。

連絡を受けた私の両親が
すぐ病院に行きました。

幸いCT検査は異常がなく
すぐ施設に戻ることができて、
その後も体調面では
これといって異常はありません。

しかし、
その翌日に叔母さんが1人で
おばあちゃんに会いに行った時、
おばあちゃんは叔母さんのことを
誰なのか認識できませんでした。

私の母のことは
忘れたり思い出したり…
普段からそういう感じですが、
叔母さんのことを忘れることは
滅多にありません。

なので叔母さんは
ショックを受けていました。

頭を強打したから…?

しかし、
昨日再会した際は
叔母さんのことも母のことも
理解できたとのことでした。

私のことは…どうかな。

予定を合わせて
早く会いに行きたいです。

↓こちらも参考になります↓

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


高齢者介護ランキングへ