薬の誤飲は命取りになる

母方の祖母の話です。

昨日母から聞いた話ですが、
先日おばあちゃんが誤って
隣の席の人の薬を
飲んでしまったそうです。

食事はホールのような場所に
皆が集まって食べています。

誤飲した薬は
コレステロールを下げる
薬のようでした。

実はおばあちゃんも随分前から
コレステロールを下げる薬を
服用しています。

だからと言って
心配ないわけではありません。

薬の誤飲は危険です。

それこそ命取りに
なる場合もあります。

幸い今回は特に様子も変わらず
という状況ではありますが、
今後さらに注意が必要です。

職員の方々も気にかけては
下さると思いますが、
私のおばあちゃんだけを
ずっと見ていることは不可能です。

しかし本人が気をつけることは…無理?

おばあちゃんも悪気があって
誤飲したわけではないと思います。

そういうことを考え出すと
いろいろ思うことはありますが、
ともかく薬の誤飲が起きないように。

1つ前の記事で
食欲低下とかきましまたが、
今も普段の50%程度しか
食べていないそうです。

また食が進むといいね。

↓こちらも参考になります↓

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


高齢者介護ランキングへ