2人のおばあちゃんが同じ動作をしている

暑い日が続いています。

コロナもそうですが
熱中症にも要注意です。

ブログにも
書いた記憶がありますが、
以前父方のおばあちゃんが自宅で
熱中症になったことがあります。

1人で暮らしていた頃です。

暑いのにエアコンをつけず…
たまたまその日来てくださった
ヘルパーさんがぐったりしている
おばあちゃんを見つけて
すぐに病院に行き、
幸い軽症でその後回復しました。

もしあの日ヘルパーさんが
来ていなかったら最悪の場合
亡くなっていたかもしれません。

高齢者は暑さを感じにくいとか
エアコン嫌い!などと言いますが、
昔の暑さと今の暑さは
やはり違うと思います。

そういうことを思うと、
今は2人共施設にいるので
屋内で熱中症になる心配は
微々たるものでしょうか。
(0ではないかもしれません)

高齢者に限らず、
子供達や私達大人も
熱中症には最大限警戒を
しなくてはいけませんね。



先日父がおばあちゃんと
面会したそうです。

母方のおばあちゃんの施設は
現在もリモート面会ですが、
父方のおばあちゃんの施設は
仕切り越しの離れた距離で
面会できたと聞きました。

面会前に細々とチェックがあり
(風邪症状、感染者との接触、他県移動等)、
それをクリアした後に
10分間の面会が可能です。

おばあちゃんの様子ですが、
若干太ったかなーという感じで
元気そうだったそうです。

父方のおばあちゃんは
元々痩せ型です。

父に向かって
「あなたは誰なの?」
と言い続けていたそうですが、
その合間に妙な動作を
していることに父が気付きました。

おそらく手を消毒する動作?

以前母と叔母さんが
母方のおばあちゃんと
リモート面会した時も、
おばあちゃんが同じように
手をごしごしするような
動作をしていたと
言っていました。

おばあちゃん達にとっても
毎日の習慣なんでしょう。

県内の高齢者施設で
クラスターが発生しています。

本当に恐ろしいです。

職員の方々ももちろん、
面会に行く側の私達も
普段から気を付けなくては
いけないと改めて思いました。

ただ無症状というのが
本当に厄介なもので…
というのが私の本音です。

それでも消毒も含めて
今後も感染対策を
しっかりするのみです。

↓こちらも参考になります↓

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


高齢者介護ランキングへ