令和を迎えたおばあちゃん達

2019年5月1日。 ついに新しい元号になりました。 おばあちゃん達は 令和という時代を どう思っているのか。 そもそも理解しているのか。 2人共元気です。 落ち着いていて穏やかです。 こんな日々が続きますように… と思うのが正しいのかどうか 正直よくわかりません。 認知症じゃなかったら いったいどうなっていたのか。 変わらず長生きしてい…

続きを読む

使わなくなった介護用オムツの秘めた可能性

先日実家に行きました。 現在私の部屋は 物置状態です…。 その中におばあちゃんが 使っていた介護用オムツも 結構な量あります。 特養に入って以降は こちらで準備する 必要はなくなりました。 おばあちゃんは常にオムツを 着用していたわけではありませんが、 いつそうなるかわからない… という心構えでしょうか、 本当に大量にあります。 母が買ったものもあ…

続きを読む

叔母さんが介護施設で働き始めました。

以前もかきましたが、 叔母さん(母の妹)は 介護福祉士の資格を 取得しました。 そして今週から 介護施設で働き始めました。 その介護施設というのが 実はおばあちゃんが お世話になっていた所。 ※叔母さんは隣県在住で、 おばあちゃん 特養に入居する前は 母と叔母さんの家を 行き来していました。 叔母さんの家にいる時は この施設を利用していました。 …

続きを読む

おばあちゃんが認知症になって以降も貫き続けるもの

母方の祖母の話です。 先週母と叔母さんが おばあちゃんに会いに 特養に出向きました。 前回行った時、 おばあちゃんは 叔母さんのことは 理解していましたが、 母のことはわからず。 しかし、 今回は母のことも 理解していたそうです。 忘れたと思ったら また思い出す、 何度もあることです。 私もGW明け辺りに 都合をつけて 会いに行けたらなぁと …

続きを読む

果たしてその意志は本当にあるのか?

私には子どもがいます。 母も父も おばあちゃん達に会う度に 私や私の子どもの話を しているそうてすが、 だからはっきり覚えているか? と言えば話はまた別です。 “私に子どもがいる” ということ自体は 理解しているようですが。 おばあちゃん達にとっては ひ孫になります。 手の力が弱くなっていて 抱っこはできていませんが、 子どもが0歳の時には 直接会う…

続きを読む